お部屋の温度と窓の意外な関係

temperature_window
思ったように部屋が涼しくならない、暖かくならない。そんな経験はありませんか?冷房や暖房が弱いのだろうかと考えてエアコンの運転を強にし、今度は強すぎて寒い、暑すぎるなんてことになってしまったり…。部屋の温度調節って意外と難しくて、エアコンも非効率的になりがちだったりしますよね。体にも良くないですし、電気代が高くなって家計にも良くありませんから、なんとかしたいものです。

そんな部屋の温度。実は窓ガラスとの意外な関係があるってご存知でしょうか。窓ガラスは屋外と接している部分になるわけですが、この窓ガラスが外の温度と中の温度を合わせてしまう厄介な存在なのです。外が寒くて中が暑ければ、窓ガラスから中の熱気が逃げてしまい、反対に外が暑い時はその暑さを吸収して中の温度も上げてしまうのです。これによって、思ったように涼しくならない、暖かくならないという事が起きるわけですね。

それを防ぎ、部屋の中を快適に保つためには、断熱性の高いガラスに交換するか、もしくは二重窓にするとよいでしょう。窓の断熱性が高くなれば、部屋の温度は外の温度に影響されにくくなります。その結果、エアコンの運転効率も上がって思った通りの温度管理ができるようになりますし、同時に電気代も抑えることが可能になります。お部屋の温度と窓の意外な関係を知り、それの対処をすることで、部屋の中は今よりもグッと過ごしやすくなるのです。

窓ガラスそのものを交換するのが難しい場合には、ホームセンターなどで断熱シートなどを買ってきて窓に貼り付けるのも効果的です。ガラスそのものの交換よりは効果が落ちますが、きっと良い結果を得ることができると思いますよ。